遊山のフィールドノート

静かな里山歩き散歩のスナップで遊んでいます。

里山散策 2022年1月10日

f:id:g3cafe:20220110213500j:plain

スミレの花

お天気が良かったので里山を散策するとスミレの花と出会った。

周辺を見渡すと咲いているのは、この花一輪、小春日和の陽気に誘われて咲いてくれたのでしょうかね…。

これから春に向かって草花の開花、芽吹きが楽しみです。

もうしばらく、散歩しながら待ってます。

 

鞍岳女岳から阿蘇山を望む

f:id:g3cafe:20220108231531j:plain

鞍岳女岳の稜線から阿蘇山の眺望

1月7日、鞍岳女岳北尾根から鞍岳へ、身体ならしつもりで岩場コースに取り付くも脚力と腕力の衰えを痛感、躓きながら、転びながらの危うい登り歩きで何とか山頂へ、

日々の体づくり、股関節のストレッチが重要であることが改めて分かったですね。

焦らず、のんびりボチボチ行こうですね…。

天候に恵まれ、ロケーションが素晴らしかったです。

里山歩きはじめ 2022年1月1日

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年の山歩きは、いつもの里山から

お天気恵まれ穏やかな新年が迎えられました。

いつもの山仲間たちと談笑してきました。

今年も無理せず、穏やかに、笑顔で、日々を過ごしていきたい…。

f:id:g3cafe:20220101124419j:plain

三池山三池宮から初日の出を拝む

センリョウの赤い実

里山の登山道の傍らでセンリョウが赤い実をつけ彩を添えてくれていた。

正月の飾り物に添えられていますが、この場所のセンリョウは今のところは、誰も手をかけず咲いている。

そっと、この場所に来年もいてほしい…。

f:id:g3cafe:20211227233950j:plain

センリョウ

撮影:2021/12/23

まだら模様の木

里山歩きで見かけたまだら模様の木

Webで調べてみると似たような木として、カゴノキ、リョウブ、サルスベリなどあるようですが、カゴノキかな…。

最近は里山で見かけなくなったが、よく見ると鹿の背中模様にも似ているな…。

 

f:id:g3cafe:20211227002402j:plain

まだら模様の木

里山散策 2021年12月歩き納め

今年の山歩きの納めに里山の森を散策してきました。

f:id:g3cafe:20211225222559j:plain

ヤブツバキが咲き出し落花していました。

f:id:g3cafe:20211225222904j:plain

静かな森の木立で寛ぎながら、今年歩いた里山散策を振り返る…。

来年のこと、現在の仕事の継続、持病のことなど、気になることが、どうなるかわからないが、無理せず、健康で過ごせ、静かな山歩きが、また、出来たらいいなと思いを巡らす…。

帰宅を待っていた嫁さんに、「ただいま」と声を発すと、「お帰り…。」と相槌され、来年は、久しぶりに、「一緒に歩こうかと」と呟くと、笑顔で会釈してくれた。

何だかほっとした。

撮影:2021/12/23

諏訪公園を散歩

今日は寒い一日でした。嫁さんの所要を待つ間、大牟田市内最大の海岸近くにある総合自然公園内の敷地に設定された散策路、一周が約1.5kmを2周ほど歩いてきました。

2周歩いていたところで、ちょうどスマホに着信、時間があれば、フラットなコースなのでもっと歩けたかなと…。

次回は、のんびり散策したい。

 

f:id:g3cafe:20211217212426j:plain

公園内の鉄塔の下では、強風にあおられ電線が唸っていましたね。

 

f:id:g3cafe:20211217212542j:plain

年忘れの里山歩き 小岱山

山仲間のお誘いを受け里山の小岱山縦走に出かけました。西鉄大牟田駅から西鉄バスに乗り込み西鉄の教楽来で下車し、ひたすらアスファルト道を登り上がり、荒尾市平山の登山口より入山しました。

f:id:g3cafe:20211205204640j:plain

小岱山平山登山口 みかん畑の中を潜り抜けます。

平山登山口を訪れる山歩きの方々も減少したのか、竹藪ブッシュは荒れて分岐点の目印を危うく見落とすところでした。急登を登り岩場を潜り抜け長助金毘羅へ到着、お天気に恵まれ有明海越しに佐賀県の多良の峰々や長崎県雲仙普賢岳が望まれました。

f:id:g3cafe:20211205205253j:plain

長助金毘羅から有明海越しに多良岳の眺望

f:id:g3cafe:20211205205927j:plain

長助金毘羅の道標

海の神様である長助金毘羅様に一礼し、小岱山の最高峰筒ヶ岳501mへ向かいます。

f:id:g3cafe:20211205210218j:plain

筒ヶ岳山頂

山頂で暫し、一本立てて談笑、七峰台で後続を待ち、阿蘇山など七峰が望まれることから数えながら望むも遥か彼方に見えたかなと気がしましたね。

f:id:g3cafe:20211205211301j:plain

七峰台

次のピーク観音岳へ、ここで皆で持ち寄ったお昼ご飯を頂きました。

f:id:g3cafe:20211205212703j:plain

楽しい山の宴
photo by TAKO
果たして私は何処に居るでしょうか…(笑)

自家栽培野菜が盛りだくさんの鍋、手作り燻製のベーコン、焼きいもそしてアルコールも頂き心地よいひとときを過ごしましたね。

観音岳の唐戸岩に至るアプローチにはサザンカのアーチが出現していました。

f:id:g3cafe:20211205213142j:plain

サザンカ

f:id:g3cafe:20211205213211j:plain

 

f:id:g3cafe:20211205214041j:plain

美味しいお昼の御馳走をいただき、観音岳を後にし丸山へ向かいます。

f:id:g3cafe:20211205213414j:plain

うさぎ石
うさぎ石の眼も微笑んでくれているような気がしました。

f:id:g3cafe:20211205214944j:plain

丸山展望所

f:id:g3cafe:20211205215013j:plain

丸山展望所では熊本北部の長閑な風景が望めます。好きな場所です。

 

f:id:g3cafe:20211205215601j:plain

蛇ヶ谷公園の展望所から九州新幹線新玉名駅方面の眺望

f:id:g3cafe:20211205215926j:plain

蛇ヶ谷公園の紅葉
photo by TAKO

久しぶりの年忘れの里山歩き、平山登山口から小岱山を縦走して玉名市蛇ヶ谷公園に下山しました。玉名温泉までトボトボと歩き、約6時間、スマホの万歩計で葯18000歩、

今日、新しく仲間となった山デビューの新人さんはくたびれたかな…。終始、私のあとをついてきてくれましたので、きっと山女になってくれるでしょう!?(笑)

撮影:2021/12/04

俵山山麓の散策とナミ像

久しぶりに嫁さんと俵山の萌の里から山頂を目指して散歩、最初は元気に歩いていましたが草付きの急斜面で、案の定!?勇気ある撤退となりました。最近は、夕食後のウォーキングを一緒に行うことが日課となっていましたが、ちょっときつかったみたいでしたね。山麓でお弁当をひろげ心地よい風と陽だまりの中で、心地よいひとときを過ごしてきました。

f:id:g3cafe:20211128004227j:plain

 

f:id:g3cafe:20211128004745j:plain

ナミ像 麦わらの一味 ONEPIECE
熊本県阿蘇郡西原村 俵山交流館萌の里にて

ナミ像は、熊本震災支援のONE PIECE復興プロジェクトで熊本県出身のワンピースの作者、尾田さんの作品の銅像です。熊本「ヒノ国」にONE PIECEの仲間、「麦わらの一味」が被災地の復興支援のお手伝いするよう船長ルフィの指示のもと熊本県内で活躍しているようです。

しかし、ナミ像のスタイルは抜群でした。傍らで嫁さんが「ウエスト細すぎ!胸が強調しすぎ!」といってました。

わたしは、にっこりしながら、ナミさんをカメラに納めましたね(笑)

 

f:id:g3cafe:20211128011230j:plain

 

f:id:g3cafe:20211128011255j:plain

ワンピースの「麦わらの一味」の銅像熊本県内に建立されているようですので、散歩がてらに、「麦わらの一味」を巡りながら熊本支援を行いたいですね。

嫁さんは、次回は山頂を踏みたいと呟いていましたね。また、頑張ればよい…。

しかし、ナミさんとの別れが名残惜しかった、私は、再会を誓いましたね。

 

f:id:g3cafe:20211128004531j:plain

 

f:id:g3cafe:20211128004700j:plain

 

撮影:2021/11/26