遊山のフィールドノート

静かな里山歩き散歩のスナップで遊んでいます。

笹露に濡れて星生山新道

イメージ 1
やまなみ道路大曲より星生山新道から入山、前日の降雨によって笹のブッシュでは、雨具を着用する前にズボンはびっしょりと濡れました。 

取り付きからゆっくり歩いて1時間半ほどで稜線に出る。
星生山山頂は強風と小雨が時より舞い始めていました。
晴れていれば抜群のロケーション、そして気象条件がうまく合えば雲海、雲のじゅうたんが望められます。歩く時間も短縮できるのでよく登っています。
しかし、今日は雲の中でしたね。 

午後からの天候の回復を期待して、濡れた岩稜を慎重に辿り星生崎、
久住分かれ避難小屋へと向かいました。 

写真は星生山から星生崎への稜線、イタドリの黄葉が綺麗でした。